スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

父の容態報告。。。 

これは、育児と関係ないのでスルーして下さい。。。

私事ですみません。。
昨日、家族で病院に集まって、医師との対談がありました。

今現在の体調や、今後の行動1時間近く話しました。


まず、一番偉いという医師が最初言ったのは


透析に時間通りに来てください。

透析に来なくて具合が悪くなったからといって

夜中に来るのはやめてください。

心臓病棟の医師が一人しかおらず、『過労死』寸前の状態なので

これ以上負担をかけさせたくない。


でした。


・・・・・・。

父は平成12年から毎週3回時間通りにずっと頑張って透析に行っていました。

夜中の4時頃に起きだし、遅れたらいかんからといって病院の前で時間がくるまで

待機していたり、あの父が治そう治そうと思って頑張って足を運んだのは事実です。



そうやって頑張って通っていた透析に

今年の5月位から行きたくないと言い出して、その理由を知らなかった私。

弟が言っていました。

5月に担当の方が変わってから行きたくないと言いだした。と。

もちろんそれが原因かは分かりません。


前の方はきちんと挨拶をしてくれる、患者を『物』ではなく、『人』として扱ってくれてたんだと

思います。

5月で人が変わってからそういう『挨拶』もなく、『物』として扱い、それを察した父は

不安にかられて、行きたくなくなったのではないか。

そう思えてなりません。


育ての母も透析に行くよう必死でしたが、車に乗せると父に殴られたりしてたそうです。

兄弟も透析の日は病院に連れて行きましたが、頑固としておりません。

父は完全にアルツハイマーになっています。。

なので、何故こんなにも拒絶するのか・・・・。

実際のところ皆には分かりません。


でもこれだけは言えます。

病院側を苦しめようとか、医師を過労死させようとか、父を早く死なせようとか。


そういう気持ちは微塵もないことを。



しかし、その医師はまるで私達がそう思っているかのように言葉としてそれを

私達にぶつけました。


もちろん家族は猛反論です。柔らかめにですけど。笑

今まで父を生かせてくれていたのは感謝のしようがない位です。

医師不足の現状も把握してますので、その医師の言う事もわかります。


でも、わざとやってると言わんばかりのあの発言は問題ではないのでしょうか?

その医師も『言い方が悪かったのならそれは申し訳ないと思ってます』

『担当の医師が直接言ったわけでは決してない。』
と言っていましたが。。


こちらも、最善をつくし、退院後は透析にちゃんと連れてきます。

と約束をして、和解して終わりました。




父の容態はというと、アルツハイマーに完全になっているようで、治る見込みは

これからの経過をみてみないと何とも言えないそうです。

今回の入院で分かった事ですが、心臓の働きが良くないので

週3回の透析で充分ですが、もって数年でしょう。と言われました・・・。

父は糖尿病になり、心筋梗塞になり、腎臓病も患っています。

顔は少し黒くなっていました。

むくみは透析のお陰で全くなくなりました。


担当の医師の方には、過労死寸前という所まで父を診てくださって感謝しています。

何ヵ月後かは分かりませんが、退院は出来るそうです。


父は昔の事をよく話すようになりました。

話しの相槌はうってくれるんですが


私:『もう2週間寝たきりやから、一人で歩けんからリハビリせないかんね。』

父:『船は2隻買ったから、心配はないと』

などという会話が殆どです。


私のおじいちゃんが亡くなる2年前に、昔の話をよくしていました。

夜中に昔の歌もよく歌ってました。

その事とリンクしてしまい、言い切れない悲しい気持ちになります。

そのおじいちゃんは病気もせず94歳で他界し、大往生だったのですが

父はまだ66歳。

この現状がよく飲み込めない、認めたくない。そんな自分がいます。



健康に戻って。そんな贅沢は言いません。

話しが出来るようにして欲しい。


父と会話がしたいです。



関連記事

[2008/07/18 10:10] 病気 | TB(0) | CM(6)

お疲れ様です。
お父様もお父様なりの何か考えがあるんでしょうね。
アルツハイマーだとしても話はしてあげてください。たくさん・・・。できるだけたくさん。
sakuraママさんのためにもお父様のためにも。

早く良くなることを祈ってます。
[2008/07/18 12:38] えみっち [ 編集 ]

違う返事が返って来たとしても、会話にならないとしても、sakuraママさんの声は、お父さんの耳に、直接、届いています。だって、返事、してくれてるんだもん。
お父さんの中では会話は成立してるんだと思いますよ。

[2008/07/18 15:28] りくんちゅ。パパ [ 編集 ]

えみっちさんこんばんは☆

今日も病院へ行って沢山お話ししました。

そうですね。。
話しが出来なくても、心のどこかでは分かっていて
通じてるかも知れないですものね^^

励みになりました。
ありがとうございます~。。。涙
[2008/07/18 21:26] sakuraママ [ 編集 ]

りくんちゅ。パパさんこんばんは☆

返事をするという事は届いてるんですよね。
そう思えば心が軽くなります。。
ありがとうございます^^

今日も病院行ってきました☆
お話しはキャッチボールは出来ないけれど
いっぱい話しました^^
[2008/07/18 21:32] sakuraママ [ 編集 ]

こんばんは。
いま とても辛い時ですね。
なんと言えばいいのかわかりませんが・・・・。

私は幼い時に母を亡くし、父は昼間は働いていたので
おじいちゃんとおばあちゃんに育てられました。

おばあちゃんは ボケて中学のときに亡くなり
おじいちゃんんも 高校を卒業してしばらくして
体調をくずし、やはりボケて亡くなりました。

会話がちゃんと出来ないのは本当に辛くて先が見えなくなりますね。。

その時の事を思い出すと 私は今でも後悔しています。
介護とか看病の中にいると自分がいっぱい いっぱいに
なってしまってました。
もっと なんとか出来ていたかも。。。。

sakuraママなら大丈夫! 





[2008/07/18 23:26] mika [ 編集 ]

mikaさんこんばんは☆

お心遣いありがとうございます。。
自分で背負い込む癖があるので
ここで打ち明けるようになってから
だいぶ励まされていて感謝感謝です。。

ボケて話しが出来ないのはとても悲しいですよね。
元気な父を見てきたので尚更思います。

後悔というのは残りますね。
私もボケる前に『ありがとう』と言えば良かったと後悔してます。

私なら大丈夫ですかね^^元気が出てきました。。
ありがとうございます。。
[2008/07/19 00:56] sakuraママ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rocca0911.blog107.fc2.com/tb.php/227-2ced1d44











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。