スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私の独り言。。 


訪問してくださった方。コメント残してくださった方。いつもありがとうございます。

皆さんの所へ遊びに行けずにすみません。時間が出来たら癒されに来ますので。




今父の病院から帰って参りました。

育児と関係ない1日の出来事を書くので、興味のない方はスルーしてくださいね。

1日の朝1時に、3ヶ月前から入院している最愛なる父が嘔吐をしだしたそうです。

付き添ってもらっていた育ての母(以下、母)が父を見ると、舌がダランと垂れ下がり

目も上を向いて意識がなくなっていたそうです。

私に連絡があったのは昼前の11時。先生から脳内出血を起こして、手術の施しようが

ない致命的な部分に血が溜まっているので後数時間の命でしょうと言われました。

私は急いで病院へ駆けつけました。

父はお見舞いにいくとちょこんと座っていて私を見るとニコッっとしてくれてたんですが

その時の父は、目が開いた状態で自発的に呼吸はしているもののすごいいびきを

かいて舌が喉の奥に入って詰まらないように黒いプラスチックの管のような物を

口に入れられてました。 目は乾いてしまわないよう塗れたガーゼで覆って閉じさせていました。

私は叫びました。初めて見る父の姿に泣きながら名前を懸命に叫びました。

こん睡状態に陥ってしまっていました。脳の中心が内出血を起こし、その部分をやられると

体を動かす司令塔がいなくなった状態なので筋力がなくなるそうです。

弟がうちで一番大きい病院にカルテやCTを持っていって助けてくれる病院に頼みに行った

けれど、もうどこの病院でも手がつけられない状態だと言われました。


父が初めて心臓発作を起こし、心臓が停止し電気ショックのお陰で命をとりとめたのが

17年前(私が中学3年の時)、その間も発作が起き、その度に命をとりとめ、懸命に生きた父。

皆父がこんな事で死ぬ訳がないと言いました。

こんな状態でも自発で懸命に呼吸をしている為、途中で呼吸が何回も止まりました。

その度に皆で父の名前を呼びました。その度に呼吸をし始める父。

先生は、本人は分かっていないと言っていましたが、生きたいという思いは伝わります。

午後1時頃が1番ひどく、呼吸をしてくれなくて喉がグーグーとだけしか動きません。

私は力いっぱい父の名を呼びました。子供達や母を置いていかないでと。

負けないで。皆お父さんに会いに来てるよと。力いっぱい叫びました。

父はまた呼吸を始めてくれました。

先生は危篤状態なので呼べる人に連絡してくださいと言われました。

もって数時間。先生の言葉は変わりませんでした。

学校にいたisakiを早退させて迎えに行き、保育園へsakuraとrokkaを迎えに行き

父の所へ向かいました。

父の部屋には、大勢の家族が集まっていました。

父の姿にisakiは驚き、泣いていました。『おじいちゃん!しっかりして!』

声にならない声で叫んでいました。

皆同じ思いでした。sakuraはまだ理解出来てない様子でした。

それから2時間位が経ちました・・・。


父の呼吸が、血圧が、脈拍が全て落ち着いてきたんです。

脳内出血した血が広がらないようにお薬で下げてはいるけれど

39度3分あった熱も37度4分に下がりました。

そして、声かけに手や足を動かして答えました。でも、先生は声に反応してではないと

言いましたが、声かけをしないと体は動きません。お父さんと呼ぶと

足を動かすんです。手の指を曲げるんです。反応じゃないなら何で動くのでしょうか。。

先生も驚いていました。でも、3時間位この調子が続いても良い方にいくわけではないと

言っていました。ずっと何日も続けば回復の見込みがあるかも知れないとの事でした。

夜中の1時。まる24時間かかりましたが、今の状態を維持していました。

私は父の隣にいて、顔や首や肩、手をさすっていました。

本当は17年前に亡くなってもおかしくない父。それなのに今までよく頑張ってきました。

だけど、この世に父がいなくなること。やっぱり諦めきれません。

元気な時は、寝たらこのまま死んでしまうんではないか。と心配し

眠れない夜がよくあったそうです。本人も生きたくて頑張ってるんだと思います。


どうにか意識が戻って欲しい。このまま回復して欲しい。

そう思って止みません。


明日、学校と保育園に連れて行った後また父に会いにいきます。


それまで、どうか携帯がなりませんように。


超人な体を持つ父を心から誇りに思います。



また何かあったら記録としてUPします。

最後まで見てくれた人。私の心の叫びを聞いてくれて本当にありがとう。

親孝行出来なかった分、後悔ばっかりが出てきてしまい自己嫌悪に陥っています。

でも、1番頑張ってるのは父。

明日もいっぱい呼びかけます。


父と孫


関連記事

[2008/10/02 01:55] 病気 | TB(0) | CM(5)

お疲れ様です

お父様、とても大変な状態なんですね。
でも本当に家族みんなに支えられて
お父様は幸せですね。
それに答えるよう必死に生きようとしている
姿にも感動しました。
動くはずのない手足が応答している・・・。

朝晩、寒くなってきていますので
sakuraママさんも体調気をつけてくださいね。

どうかお父様の容態が安定しますように。

がんばれっ!!

もうすでに、一生懸命生きる為にがんばっていらっしゃるお父様ですが言わせてください。がんばれがんばれ ~!!
sakuraママさん、愛するお父様のためがんばってください。
こんなことしか言えなくてごめんなさい。
私もお父様のご容態が回復されるよう、お祈りさせていただきます。
[2008/10/02 12:04] ぷぷりん [ 編集 ]

こんばんは。
sakuraママさん 精神的にも体力的にも大変だと思いますが
思うままに頑張ってくださいね。
sakuraママさんも体調だけには気をつけて。

応援してます!!!
[2008/10/02 22:35] mika [ 編集 ]

sakuraママさんの後悔する気持ちわかります。
親孝行って、してもしても足りませんもん。
その想いは、お父様に十分伝わってると思いますよ♪
生きたいっていう、お父様の気持ち、本人の気力ってのがやっぱり一番大事ですもんね!!
きっときっと、回復しますよ!!
[2008/10/02 22:40] えりえりぽん [ 編集 ]

必死で生きようとしているお父様、必死に呼びかける家族・・・涙が止まりませんでした。
どうか、お父様のご容態が安定しますように・・・

みなさんが言うように、sakuraママさんも体調を崩さないようにお父様のそばについてあげていてくださいね。
[2008/10/02 23:39] しおりんママ☆ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rocca0911.blog107.fc2.com/tb.php/328-60660ab3











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。